親戚のつてのバイト

農業には人手が欲しい時期がある

親戚に農業を行っている人がいると、時期によってはアルバイトが簡単に見つかります。 農業にもいろいろと種類がありますが、1年間の中で忙しい時期が決まっていることが通例です。具体的には、種まきと収穫の時期です。種まきや収穫には適切な時期が決まっていて、期間内に終えてしまわないと商品としての価値が下がるのです。そのため、これらの時期には一気に作業を終えるために人手が必要となり、アルバイトが募集されます。アルバイトとはいっても、親戚などに声をかけるのが通例なので、自分から連絡をとると喜ばれますよ。忙しい時期の他にも、雑草を取ったり水を管理したりなどの仕事はあるので、親戚が高齢であるほど喜ばれます。給料の交渉はしにくいかもしれませんが、タイミングが合えばすぐに働けます。

芸術家も人手が欲しい時期がある

親戚に芸術家(画家や文筆業など)をしている人がいるなら、アルバイトを欲しがる時期がありますよ。 よくあるのは年末の年賀状を発送する時期です。芸術家の人たちは、付き合いの幅が広いものです。同業者や作品を売るための取引先(画廊・出版社など)、教室の生徒さんなどに年賀状を送るため、大量の年賀状を発送します。この時、あて名が印刷されたラベル用紙や切手をハガキに貼る作業があり、とても手が足りないのです。同様の作業は、個展の開催前や新刊の発売前にも発生します。宣伝用のハガキを送るからです。常に人を雇うのはコストがかかるため、作業が必要なときだけ人の手を借りたいと思っている芸術家は少なくありません。手伝えることがないか聞いてみると、かなり喜ばれるはずです。